メイドインジャパン

concept.

本当は、出来るだけカバンに見えない袋状のモノがいいと思うんです。
少々持ち難くても、カバンらしくないモノが私は理想的です。
手で持ちたい。肩に担ぎたい。背中に背負いたい。
便利を追求している間にモノのかたちや色は限定され、画一化され、
次第にモノに対する興味が失われていきます。
現実的には、いろいろな制約を踏まえてデザインをしますが、
利便性に勝るささやかなときめきが、その袋状のモノに宿ればと思います。

'To be honest,I think the best bag is one that dosen't look like a normal bag.
Even if it's a little bit inconvenient to carry,my ideal bag is not 'bag-like'.
I want to hold it in my hand.Iwant to hang it from my shouder.
I want to wear it on my back.In the pursuit of convenience and usability,
Ithink most bags are bland,borning and worse,
when the user's needs change or evolve,you're left with something that is now useless.
In the real world,that feeling of joy andexcitement
that you get when you're holding a bag you love wins over convenience every time.

fabric.

素材は基本的に、物作りの環境では、国内でふつうに流通している、
日本製の綿帆布やナイロン生地です。
色も同じく一般的に流通しているものがほとんどです。
決して特別なものを使っている訳ではありません。
日本では、特別でないもののクオリティーが素晴らしいのです。
そして、それが継続されていることもすばらしいのですから、
その素材を使うだけです。

Apart from some limited special editions,
our bags are all made using Japanese canvas and nylon fabrics.We use standard,
commercially available colours,so it could be said there's
nothing particularly special about our bags.This could not be further from the truth.
The level of quality of the domestically produced fabrics is
extremely high,and production is dependable and this is the reason
we'll continue to source Japanese fabrics.

factory.

バッグンナウンがスタートしてから
現在まで、すべての商品がたった一つの工場で生産、管理されています。
逆に言えば、その工場で生産しきれない数量も不必要ですし、
つまり私達は、物をデザインし、生産することに対して謙虚で
等身大の努力の上にあるべきと考えます。
今後もこのシステムが変わる事はありません。

Right from the very first bags we produced in the beginning,
all BAG'n'NOUN produced are made in only one factory.
if the factory can't produce a particular design,we don'tdevelop it.
if the factory can't keep up with ordeas,then we scale back production.Everything,
from the design of the products,to the monufacturing
and the quality control is based around our productionability.
WE don't believe in mass production and increasing sales.
This is our philosophy and we won't change.

文:小澤 健 / Words : TAKESHI OZAWA